NOW HERE
archive

‘ストレートグリップの選び方    スチールシャフトの例’ カテゴリーのアーカイブ

N.S.PRO 950GH neo

2020年7月5日 日曜日



N.S.PRO 950GH neo フレックスS

標準設定シャフトとするクラブメーカーも増えているようです。

ストレートグリップの推奨型番はN52となります。

細身希望でしたらS50となります。

-

-

カテゴリー: ストレートグリップの選び方    スチールシャフトの例 | コメントは受け付けていません。

N.S.PRO 1050GH(S)

2020年6月28日 日曜日



N.S.PRO 1050GH(S)スチールシャフト

ストレートグリップの推奨タイプはN52となります。

太目に仕上げたい場合はN54でもオッケーです。

-

-

カテゴリー: ストレートグリップの選び方    スチールシャフトの例 | コメントは受け付けていません。

モーダス105(S) スチールシャフト

2020年6月23日 火曜日



NS.PROモーダス TOUR105 フレックスS スチールシャフト

ストレートグリップ推奨サイズはN52(M62)となります。



ストレートグリップ コード S50C バックライン有りを装着してます。

N52を装着した時より少し細身に仕上がります。

(S50は細身のストレートグリップとなります。)

-

-

カテゴリー: ストレートグリップの選び方    スチールシャフトの例 | コメントは受け付けていません。

N.SPRO MODUS

2013年3月24日 日曜日



N.S.  PRO モーダス TOUR120 Flex TX

計測はツアーステージ X-BLADE909の7番アイアン

シャフト端  端から50  100  150   200    250 (ミリ)

MODUS3  TOUR120(TX)   15.25     ←     ←   14.8  14.65  14.4

ストレートグリップの推奨口径サイズはN52(M62)となります

<注意事項>
※シャフトの太さは、同じ製品でも組み上げる長さや、
組み方(カットする位置)によって、計測位置がずれて来ますので、
上記計測表と違いが出る事がございます。

※同じシャフトの品名でもクラブメーカーの仕様の違いや、クラブの番手、
フレックス(硬さ)の違いで、太さが変わって来ることがあります。



カテゴリー: ストレートグリップの選び方    スチールシャフトの例 | コメントは受け付けていません。

N.S.PRO V90 (S) シャフト

2012年11月14日 水曜日



N.S.PRO V90 スチールシャフトです。

950シリーズより少し軽量で先調子のスチールシャフトのようです。

計測はツアーステージViQの7番アイアンです。

シャフト端  端から50  100  150  200    250 (ミリ)

N.S.PRO V90(S)  15.50    ←    ←    ←   15.30   14.80

全体的に太目です。

ストレートグリップの推奨口径サイズはN52(M62)となります。

<注意事項>

※シャフトの太さは、同じ製品でも組み上げる長さや、
組み方(カットする位置)によって、計測位置がずれて来ますので、
上記計測表と違いが出る事がございます。

※同じシャフトの品名でもクラブメーカーの仕様の違いや、クラブの番手、
フレックス(硬さ)の違いで、太さが変わって来ることがあります。





カテゴリー: ストレートグリップの選び方    スチールシャフトの例 | コメントは受け付けていません。

ダイナミックゴールド ハイローンチ S300

2012年11月14日 水曜日



Dynamic Gold High Launch

トゥルーテンパー ダイナミックゴールド ハイローンチ スチールシャフトです。

ダイナミックゴールドより軽量で、先調子のシャフトです。

計測は差し替えたウエッジに付いているものです。

シャフト端  端から50  100  150  200    250 (ミリ)

DGハイローンチ(S300)  15.25     ←    ←    ←   14.90   14.35

ダイナミックゴールドとはステップの入り方がだいぶん違ってますね。

ストレートグリップの推奨口径サイズはN52(M62)となります。

太目希望の場合は口径N54(M60)サイズでも問題はありません。

<注意事項>
※シャフトの太さは、同じ製品でも組み上げる長さや、
組み方(カットする位置)によって、計測位置がずれて来ますので、
上記計測表と違いが出る事がございます。

※同じシャフトの品名でもクラブメーカーの仕様の違いや、クラブの番手、
フレックス(硬さ)の違いで、太さが変わって来ることがあります。





カテゴリー: ストレートグリップの選び方    スチールシャフトの例 | コメントは受け付けていません。

PRECISINプレシジョン RIFLEライフル FCM6.0

2012年10月12日 金曜日



プレシジョン ライフル スチールシャフトです。

すこし古いタイプとなります。

B/Sさんも純正で使用していました。

現在はトゥルーテンパーのプロジェクトXと言うブランドになっています。

セミオーダーで選べるメーカーさんが多いと思います。

計測はB/Sのツアーステージ V7000

7番アイアンに純正で装着されていたものです。

シャフト端  端から50  100  150  200    250 (ミリ)

ライフル FCM6.0  15.25     ←    ←    ←    ←   14.80

全体に渡ってステップ無しのスチールシャフトで

グリップの装着部分はパラレルの部分が長く

カーボンシャフトのような形状です

ストレートグリップの推奨口径サイズはN52(M62)となります。

<注意事項>
※シャフトの太さは、同じ製品でも組み上げる長さや、
組み方(カットする位置)によって、計測位置がずれて来ますので、
上記計測表と違いが出る事がございます。

※同じシャフトの品名でもクラブメーカーの仕様の違いや、クラブの番手、
フレックス(硬さ)の違いで、太さが変わって来ることがあります。





カテゴリー: ストレートグリップの選び方    スチールシャフトの例 | コメントは受け付けていません。

トゥルーテンパー Memphis “10″  シャフト太さ

2012年10月11日 木曜日

メンフィス10

トゥルーテンパーのMemphis(メンフィス)スチールシャフトです。

キャロウェイのクラブでよく使われていました。

計測はキャロウェイのXツアー52°のウエッジです。

シャフト端  端から50  100  150   200    250 (ミリ)

Memphis “10″  15.25     ←     ←   15.00  14.60  14.30

バット径は60ですが、

ストレートグリップのおすすめ口径サイズはN52(M62)サイズとなります。

<注意事項>
※シャフトの太さは、同じ製品でも組み上げる長さや、
組み方(カットする位置)によって、計測位置がずれて来ますので上記計測表と違いが出る事がございます。

※同じシャフトの品名でもクラブメーカーの仕様の違いや、クラブの番手、
フレックス(硬さ)の違いで、太さが変わって来ることがあります。



カテゴリー: ストレートグリップの選び方    スチールシャフトの例 | コメントは受け付けていません。

KBS TOUR (X) スチールシャフト

2012年9月27日 木曜日



最近増えているようです。

KBS TOUR

計測はB/Sツアーステージ エックスブレード703の7番アイアン

シャフト端  端から50  100  150   200     250 (ミリ)

KBS TOUR (X)  15.25     ←     ←     ←  14.95  14.60

バット径は60サイズですが、

ストレートグリップの推奨口径サイズはN52(M62)となります。

<注意事項>
※シャフトの太さは、同じ製品でも組み上げる長さや、
組み方(カットする位置)によって、計測位置がずれて来ますので上記計測表と違いが出る事がございます。

※同じシャフトの品名でもクラブメーカーの仕様の違いや、クラブの番手、
フレックス(硬さ)の違いで、太さが変わって来ることがあります。





カテゴリー: ストレートグリップの選び方    スチールシャフトの例 | コメントは受け付けていません。

N.S.PRO 850GH(R)  シャフト太さ

2012年9月26日 水曜日



N.S.PRO850GH(R)シャフトです。

同シリーズの950、105とは違いがあります。

計測はB/Sツアーステージ エックスブレード703の7番アイアン

シャフト端  端から50  100  150   200    250 (ミリ)

N.S.PRO 850GH(R)  15.25     ←     ←   15.05  14.80  14.50

950に比べて細目、105より太目になっています。

バット径は60サイズですが、

シャフト重量が軽いことも考慮して、

ストレートグリップの推奨口径サイズはN52(M62)となります。

<注意事項>
※シャフトの太さは、同じ製品でも組み上げる長さや、
組み方(カットする位置)によって、計測位置がずれて来ますので上記計測表と違いが出る事がございます。

※同じシャフトの品名でもクラブメーカーの仕様の違いや、クラブの番手、
フレックス(硬さ)の違いで、太さが変わって来ることがあります。

カテゴリー: ストレートグリップの選び方    スチールシャフトの例 | コメントは受け付けていません。
Pagetop