ダイナミックゴールド・NS950シャフト



明日から4月です

来週はとうとうマスターズウイークですね

昨年松山英樹選手が活躍してから

はや1年が経ちます

今年も松山選手、石川選手、若手二人の活躍に期待しましょう

本当に楽しみです

さて

ダイナミックゴールドシャフトとNSプロ950シャフト

スチールシャフトの代表的な存在の2銘柄ですが

太さの違いを再確認して見ました

バット径  端から50㍉  100㍉  150㍉  200㍉   250㍉

DG(S‐200)  15.25   15.25    15.25  14.8  14.25  13.95

NS (S)     15.5    15.5     15.5   15.5  15.2   15.2     (直径/ミリ)

左手部分にあたる端から100ミリ程はあまり変わりないのですが

ステップの入り方に違いがありますので

右手部分にあたる150~200ミリの部分で差が大きくなって来ます

同じグリップを装着しても太さのフィーリングが変わってくるのは

シャフトの太さによる影響があります

ストレートグリップでは

ダイナミックゴールドにはM60サイズ

NS950シャフトにはM62サイズを準備しています

DGとNS以外のシャフトも太さ(形状)には違いがあります

交換前にはシャフトを調べてみる必要がありそうですね

(※注意 クラブを組む際にシャフトをカットする位置で、上記表と多少変わる事もございます。)

コメントは受け付けていません。