NOW HERE
archive

‘グリップ交換・バランス確認’ カテゴリーのアーカイブ

自分で出来る ゴルフ グリップ交換 「意外と簡単!」

2012年9月14日 金曜日























カテゴリー: グリップ交換・バランス確認 | コメントは受け付けていません。

ストレートグリップ コード入り

2012年5月28日 月曜日



汗をかく季節になりました

今日は暑かったですね

汗をかいても

滑りにくいと言えば

やっぱりコード入りです

濡れても独特のシッカリ感があります

昔のクラシックコードなどは かなり硬かったと思いますが

ストレートグリップのコード入りは

そこまで硬くありません

その理由は

ゴム質が柔らかいABRと言うラバーを使っている点

それからコード自体を柔らかめの糸を使用している点

コードの量を控え目にしている点

などによりコード入りでもシットリとした質感と

適度な硬さ(柔らかさ)を実現できたのです

これから梅雨が来ますし

汗をかく季節です

気になる方は1本だけでも試して見ると

面白いんじゃないかと思いますよ ^^

カテゴリー: グリップ交換・バランス確認 | コメントは受け付けていません。

ダイナミックゴールド・NS950シャフト

2012年3月31日 土曜日



明日から4月です

来週はとうとうマスターズウイークですね

昨年松山英樹選手が活躍してから

はや1年が経ちます

今年も松山選手、石川選手、若手二人の活躍に期待しましょう

本当に楽しみです

さて

ダイナミックゴールドシャフトとNSプロ950シャフト

スチールシャフトの代表的な存在の2銘柄ですが

太さの違いを再確認して見ました

バット径  端から50㍉  100㍉  150㍉  200㍉   250㍉

DG(S‐200)  15.25   15.25    15.25  14.8  14.25  13.95

NS (S)     15.5    15.5     15.5   15.5  15.2   15.2     (直径/ミリ)

左手部分にあたる端から100ミリ程はあまり変わりないのですが

ステップの入り方に違いがありますので

右手部分にあたる150~200ミリの部分で差が大きくなって来ます

同じグリップを装着しても太さのフィーリングが変わってくるのは

シャフトの太さによる影響があります

ストレートグリップでは

ダイナミックゴールドにはM60サイズ

NS950シャフトにはM62サイズを準備しています

DGとNS以外のシャフトも太さ(形状)には違いがあります

交換前にはシャフトを調べてみる必要がありそうですね

(※注意 クラブを組む際にシャフトをカットする位置で、上記表と多少変わる事もございます。)

カテゴリー: グリップ交換・バランス確認, ゴルフグリップ | コメントは受け付けていません。

プロジェクトⅩ+ストレートグリップM62

2012年3月29日 木曜日



もうすぐ4月です

4月と言えばマスターズ

楽しみですね

さて、プロジェクトX 6.5(ライフルシャフト)へ

ストレートグリップM62サイズを装着しました

プロジェクトXのバット径は15.25ミリで

一般的な60とか0.6と言われるサイズと変わらないのですが

ノンステップでパラレル(平行)な部分が長いので

シャフトの端から250ミリの所で15.0ミリあります

たとえばダイナミックゴールドS-200であれば

バット径は15.25と同じですが

端から250ミリの所では13.95ミリで

1ミリ程プロジェクトXと太さが変わって来ます

この1ミリがグリップの太さにも影響して来ますので

同じサイズのグリップを装着しても

シャフトが違えば

太さが変わって感じると言う事に繋がって来ます(特に右手側が)

ストレートグリップM60サイズは

ダイナミックゴールドシャフトを基準に製作しております

そしてM62サイズは

NS950シャフトを基準に製作しております

プロジェクトX6.5の場合

バット径のサイズ的にはM60となりますが

NS950に近い太さ(形状)になりますので

今回はM62サイズを装着しました

※注意

M62サイズは、今回のようにM60サイズのシャフトでも装着できる場合もございますが、

ダイナミックゴールドのようなシャフトの場合は

穴が余る(浮いてしまう)恐れがありますので、装着出来無い可能性もあります。

ご注意願います。

カテゴリー: グリップ交換・バランス確認 | コメントは受け付けていません。
Pagetop